お問合せフォームはこちら

住宅ローン・金利の種類

みなさんはご存じないかもしれませんが、実は住宅ローンの金利にも多くの種類があって、それぞれの金利にもメリット・デメリットが存在します。
そこで、さまざまな金利のなかで代表的な3パターンの特徴をご紹介し、メリット・デメリットを理解した上でご自身に合う金利のタイプを見つけて頂くのも良いと思います。

金利変動型
固定金利期間選択型
固定金利型
変動金利型とは、借入期間中半年ごとに金利が見直されるものをいう。適用金利が半年ごとに変わると連動して返済額が変わるタイプと、返済額が急激に上がらないよう返済額については5年ごとの改定で、その変動幅は従前の返済額の1.25倍までとするタイプがある。
固定金利期間選択型とは、当初から一定期間の金利が固定される特約を結ぶ住宅ローンである。金利が固定される期間には2年、3年、5年、7年、10年、15年、20年、25年などがある。固定金利期間が短いタイプほど金利が低めで、現在では各金融機関の金利優遇対象の代表的な住宅ローンとなっている。
固定金利型とは、融資実行時または申し込み時点で、借入当初から完済まで金利が決定しているものをいう。最初から最後まで金利が一律なものと、当初10年間と11年目以降で金利が異なる段階金利のものがある。
金利が上昇すると利息の割合が増え、その結果元金がなかなか減らず利息ばかり払う事態も起こりかねないから注意が必要。
固定金利期間が終了し、金利が改定された後は適用される金利次第で返済額が変わる。この返済額の変動幅については、変動金利型のように上限が設定されていないので金利が上がればそれだけ毎月の返済額も上昇してしまう点には注意が必要。
完済までの金利が決定しているということは、完済までの返済額も決定しているということ。将来の金利の変動の動きに一喜一憂することもなく長期にわたって家計の見通しもつけやすい。ただし、金利が高い時期にローンを組むと、その後低金利となっても高いままの金利を負担することになるため注意が必要。
高金利期や金利下降期には、変動金利型はメリットを発揮するが、低金利期あるいは金利上昇期に利用するのは適さないタイプでもある。
たとえば10年、20年、25年で返済してしまう予定ならば、全期間固定型で借りるのと同じで金利が低ければ得になることもある。
返済中に金融情勢が高金利となっても返済額に影響がありません。
お問合せ・無料資料請求はコチラ
お問合せフォームはこちら
無料資料請求はこちら